結婚指輪を披露して和む両家の顔合わせ

両家の顔合わせってどんなふうにするの?

結婚が決まってから行うことの一つに、両家の顔合わせがあります。両家の顔合わせは、一般的には食事会を兼ね、結納の前や結納の代わりに行うことが多いです。結婚の決まった両家が正式に挨拶を交わし、親睦を深める大切な機会です。
両家の顔合わせは、ある程度かしこまって行うか、気軽に食事会だけで行うかによって雰囲気は異なりますが、両家の意向に合わせながらイメージを決めます。それによって顔合わせを行う場所や日程、料理などを決めていきます。当日の服装や手土産などの準備も必要です。服装は、どちらかが極端にカジュアルだったり、フォーマルだったりしないよう、格が揃うようにあらかじめ話をしておきます。そして、当日のプログラムは大まかにでも考えておきましょう。

結婚指輪の披露を組み込むのがオススメ

両家の顔合わせを、あまりかしこまった席にしない場合でも、やはり、挨拶や両家の家族紹介、写真撮影などはしておいたほうが良いでしょう。顔合わせでは、はじめて親同士が会う場合もあり、緊張してしまうという方も多いですが、和やかな雰囲気ですすめたいものです。そこでオススメなのは、結婚指輪の披露です。顔合わせの日には、婚約指輪をつけていき、結婚指輪も持参します。お互いの家族に見せることで、「どんな指輪なの?」「どんなイメージで選んだの?」など話が弾みますよ。二人のプロポーズや指輪にまつわるエピソードを聞いてもらうのも楽しいです。
顔合わせは、新しく親族としての繋がりが出来る、両家の始まりの機会でもあります。しっかり準備して、心に残る1日にしてくださいね。

結婚指輪を高崎で購入する時にまず大切にしておきたいのが、デザインです。一生身につけていく指輪となる為、年を重ねても身につけやすく、長く愛せるデザインの指輪を選んでおく事がおすすめです。